FC2ブログ
TOP > 放射線をあてるとどうなるかの説明
 ← 癌細胞に効くといわれるタヒボ茶 | TOP |

リストマーク 放射線をあてるとどうなるかの説明 

2007年06月01日 ()
まず、白血球が減るので薬でカバーする。

焼けただれた場合、食事がとれなくなるので、鼻に管を入れて流動食になるかもしれない。

喉のあたりが腫れてくると、呼吸もできなくなるので、首の下に穴をあけてそこで呼吸する

放射線が骨まで達すると、骨がぼろぼろにになり、金具で顎の骨を作ってボルトでとめて補強する手術を行うことがある。

骨が壊死してぼろぼろになることがある。

これらは、最悪のケースである。
すべてこうなるとは限らないとのこと。


関連記事
[2007.06.01(Fri) 23:39] 通院生活Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 癌細胞に効くといわれるタヒボ茶 | TOP |

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://newgriffong.blog104.fc2.com/tb.php/85-5973fe0f
 ← 癌細胞に効くといわれるタヒボ茶 | TOP |

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

RSSフィード