FC2ブログ
TOP > 癌発覚とその後の治療について
 ← 術後 1週間 なんとべろが引っ付いていないことが発覚 どうする? | TOP | がんの三大要因

リストマーク 癌発覚とその後の治療について 

2007年09月21日 ()
2005年~2006年頃
 歯が痛いので歯医者に通う
 詰め物を全部取り替えたり、奥歯を抜いたり でも痛みは取れない

2007年1月頃
 「たけしの本当は怖い家庭の医学」というテレビ番組で
  歯肉癌があり、症状が似ていることで耳鼻咽喉科にいった
  大学病院の紹介状をもらい検査

2007年3月
 歯肉癌であることが発覚

4月
 さらに検査

5月~6月
 抗がん剤のカプセルを飲用
 抗がん剤の点滴をしたところ、血圧や肝臓の値が異常値を示したので中止
 手術の予定であったが状態が良くなく、患者の負担が大きいとのことで中止
 舌や首のリンパ節に転移が発覚

6月~7月
 放射線治療33回

8月
 退院、自宅療養

9月
 手術
  舌の半分を摘出、
  腕の肉を切り取り縫い合わせた左下歯を4本抜き歯茎を摘出、骨も削る
  左首のリンパ線を摘出

現在、入院中
舌がちゃんとひっついていない?以外は徐々に回復
関連記事
[2007.09.21(Fri) 01:03] これまでの状況Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 術後 1週間 なんとべろが引っ付いていないことが発覚 どうする? | TOP | がんの三大要因

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://newgriffong.blog104.fc2.com/tb.php/40-a2f7b006
 ← 術後 1週間 なんとべろが引っ付いていないことが発覚 どうする? | TOP | がんの三大要因

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

RSSフィード