FC2ブログ
TOP > 「決定版がん休眠療法」/高橋豊 を読んでの感想です。
 ← 血液検査 | TOP | アパートに引っ越した場合、私はいいのだが、父親がNG

リストマーク 「決定版がん休眠療法」/高橋豊 を読んでの感想です。 

2008年06月05日 ()


金沢大学がん研究所助教授が書いた本。すでに「がん休眠療法」という本を出しているのでその本をバージョンアップしたものと思われる。

休眠療法とは、極めて簡単にいうと、
抗がん剤を個人ごとに少しづつ与え、それを継続していくことにより、がん細胞の増加を防ぎ、結果的に寿命まで生きていく治療法である。

通常の抗がん剤治療は、短期決戦であり、副作用も大きく、場合によっては、抗がん剤という名のもと要は毒物なのだからそれによって命を落とすこともある。

休眠療法は、死ぬまでの長期決戦である。
効果も少なく、副作用も少ない。
がん細胞を退治するのではなく、共存していく、そしてなるべく大きくならないようにする考え方である。

1箇所ののみのがんなら、治療により完治することはあるが、転移の場合は難しい。
ならば、完治しなくてもいいから、今より悪くならないで欲しいという願いである。

ヘルシーインタビュー(著者のインタビュー記事です)
がん休眠療法で、がんと共存・継続治療をはかる


たまたま見つけたました。
セントマーガレット病院(千葉県八千代市)で特別診療として診察が受けれるようです。

セレンクリニックでも「がん休眠療法」


この本をアマゾンでチェック
関連記事
[2008.06.05(Thu) 00:05] 情報を集めるTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 血液検査 | TOP | アパートに引っ越した場合、私はいいのだが、父親がNG

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://newgriffong.blog104.fc2.com/tb.php/177-a875337a
 ← 血液検査 | TOP | アパートに引っ越した場合、私はいいのだが、父親がNG

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

RSSフィード