FC2ブログ
TOP > 骨髄検査の結果、最悪の事態ではないが
 ← 糖尿血液科に転移 | TOP | ガンを克服する免疫療法のすべて

リストマーク 骨髄検査の結果、最悪の事態ではないが 

2008年01月10日 ()
血小板を全く造っていないわけではないことがわかった。

しかしながら、放射線の影響が考えられ、血小板の減少が激しいので、破壊物質がないか脾臓の検査を近いうちに行う。

今日・明日即死亡ということはない。
関連記事
[2008.01.10(Thu) 23:53] 入院生活Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 糖尿血液科に転移 | TOP | ガンを克服する免疫療法のすべて

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://newgriffong.blog104.fc2.com/tb.php/124-a74137d1
 ← 糖尿血液科に転移 | TOP | ガンを克服する免疫療法のすべて

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

RSSフィード