FC2ブログ
TOP > CATEGORY > 苦悩
TOP | NEXT

リストマーク 老いていく親と子がテーマの歌「手紙 ~親愛なる子供たちへ~」樋口了一 

2009年04月13日 ()
介護している人や介護の現場で共感を得ている。

私の場合、父は脳梗塞でいまだ入院中、母は亡くなっている。

認知症は未経験だが、感慨深い。

母が入院中の時はできることはしたが、認知症だったらどうだろうか。
自分の子供をほったらかしにし親の介護にあたるのは無理だろう。

自分が老いたら変に長生きしないでポックリいった方がいいかもと思う。
仏壇とお墓は母と同じところでお願いします。


樋口了一 オフィシャルウェブサイト
http://www.r-higuchi.com/

手紙 樋口でググった結果
スポンサーサイト



[2009.04.13(Mon) 22:07] 苦悩Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

お邪魔しました(^^) by ★KEEP BLUE★
こんにちは。
今日は朝から家で、1歳の娘に邪魔されながら、
仕事こなしてます(><)
仕事の合間に、見させてもらいました。
また、ゆっくり寄らせていただきます。
ブログ応援してます(^_^)/
それでは。失礼します。

KEEP BLUEさんへ by グリフォン(Webmaster)
コメントありがとうございます。
最近、ようやくお墓に納骨し、母の死を乗り越えた?ところです。
今後は、口腔癌に限らず、月に1回程度で何かしら思ったことを更新していきたいと思います。

コメントを閉じる▲

リストマーク 血小板減少の怖さ 

2008年10月27日 ()
放射線治療を受けると、血小板が減り、血が止まりにくくなりいろいろなトラブルを招く、こんな怖い事になるとは思ってなかったし。

その当時は、癌がやっつけられる、と信じて、放射線を受けた。

受けた回数や量が多すぎた。残念。
[2008.10.27(Mon) 23:32] 苦悩Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 胃に穴をあけるタイミング  

2008年10月18日 ()
先生は「今回を逃したら、次回は体力が持たないかも」と言っている。

今なら鼻からのチューブで栄養が入れられる。足りない分を点滴で補う。
一方で、点滴は長期には向かない。

最悪なのが、胃に穴を開けてチューブが胃になじまなかった時、もう胃に栄養を入れられなくなる。
そうすると、胃に傷が出来て点滴だけ、ということになる。
[2008.10.18(Sat) 23:23] 苦悩Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 痛み止めを使用 

2008年09月10日 ()
とうとう痛み止めを使用するほど痛みが大きくなってしまった。
ますます腫れてしゃべりにくい。
[2008.09.10(Wed) 23:32] 苦悩Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 胃に穴をあける迷い  

2008年09月08日 ()
一度は決断したものの実はまだまだ迷っている。

リスクを負って、穴を開けて、その後、何日生きられるか。
例えば、一週間、生きられても。
治療も出来ないのに、
先生は嫌なら、無理にとは言わない、取り消しも出来るようだ。


胃に穴を開けられるかMRIを撮るらしい。それによって、内視鏡を視ながらやる。
普通は局所麻酔でOK。
全身麻酔でやる事になる場合は、息子さんに来て貰う事になる。との事だった。
[2008.09.08(Mon) 23:24] 苦悩Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

メールフォーム

RSSフィード